【世界ニュース】アメリカJFK空港にVR体験スペースが登場!

アメリカのニューヨークにあるジョン・F・ケネディ空港国際空港のターミナル4に、VRを体験できるスペースが登場しました。これにより、空港を利用する旅行客は待ち時間など空いているときに手軽にVRを楽しむことが可能になります。

1プレイ約500円から楽しめる

このVRスペースを手がけるのはPeriscapeVR社。ショップを有するフロアのターミナル4に、VR体験ができる機器を12台設置するとのこと。

料金は1分あたり1ドル〜2ドルで、コンテンツの内容は5分〜10分程度の内容となっています。日本円で1プレイあたり約500円から楽しめるとしています。

気になるコンテンツのジャンルは5つ用意されており、VR体験スペースは半年ほど設置される予定です。

訪れる人に最高の体験を

JFK空港のターミナル4を運営するJFKIATのEdward Midgley氏は、「旅行客が世界中から集まるこのターミナル4は、VR体験を提供するのに最適な場所です。訪れる人に最高の体験を届けたいです。また、PeriscapeVR社は旅行客に空港での新しい楽しみ方を提供してくれるでしょう」と語りました。

VR体験ができるスペースは世界中で急速に拡大しており、空港での過ごし方も変わっていくかもしれません。