次は大阪!「VR ZONE OSAKA」が2018年秋にオープン

株式会社バンダイナムコアミューズメントは、VRエンターテインメント施設「VR ZONE OSAKA」を2018年秋に大阪にオープンすると発表しました。

大阪梅田「HEP FIVE」8階、9階を予定しています。

当施設は、2017年7月14日(金)にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」に次ぐ関西初のフラッグシップ店舗。SHINJUKUで現在稼働中のVRアクティビティのほか、アリーナスペースを自由に動きながらVR体験ができるフィールドVRアクティビティも導入されるとのことです。

2018年4月にVR ZONE SHINJUKUにてオープンしたアクティビティ「ドラゴンクエストVR」が記憶に新しいですね。

VR ZONE SHINJUKUにドラゴンクエストが登場!

首都圏のフラッグシップ店舗である「VR ZONE SHINJUKU」は、訪日外国人客の割合も多く、来場者は50万人を突破したとのこと。関西のフラッグシップ店舗「VR ZONE OSAKA」も賑わいをみせるのではないかと期待されています。

来場者は若い世代のみならず、ファミリーや訪日外国人にも楽しめるようなVRアクティビティを展開するようです。執筆現在では導入アクティビティの詳細や、チケット料金体系は決まっておらず、7月中旬に発表される予定です。

「VR ZONE SHINJUKU」の小型店舗となる「VR ZONE Portal」は、2017年12月より順次オープンしており、執筆現在で21店舗を展開しています。

公式プレスリリース