【ニュース】Oculusから独立型VRゴーグルがついに登場!

VRのパイオニア・Oculus社からついにスマホやPC不要のVRゴーグル「Oculus Go」が発売されました。

低価格でありながらVR体験ができるとあって、大注目の新製品をご紹介します。

Oculus Goのスペック

 

両眼で2560×1440のWGHD液晶パネルを搭載。プロセッサはSnapdragon821を採用しています。さらに、Oculusの次世代レンズを採用し、よりはっきりとした映像を映し出せるようになっています。

スピーカーを内蔵

Oculus Goはストラップ側面近くにスピーカーを内蔵。ヘッドホンやイヤホンを別途用意する必要がなく、ゴーグル単体でVRの世界を存分に楽しむことができます。自分好みの音質で楽しみたい人向けに、自前のヘッドホンやイヤホンを使用することもできますよ。

バッテリーの持続時間

Oculus Goのバッテリーの持続時間は、ゲームなどの高負荷なコンテンツ再生時で1時間半〜2時間、動画などの低負荷なコンテンツ再生時で2時間〜2時間半程度。

充電をする場合は、本体にあるmicro USBポートを経由して行い、純正のACアダプタを使用した場合、最大3時間で充電が完了します。

 

トラッキング性能はなし

 

Oculus GoにはPSVRのような位置情報を捉えるトラッキング性能がついていないため、VRの世界を歩き回ったりすることはできません。ただし、頭を動かして周囲を見渡したりしてVRの世界を楽しむことは可能です。

 

ストア配信コンテンツに対応

 

Oculus Goは、Oculusが運営しているストアでの1000以上のアプリに対応しています。「Netflix」は「Hulu」などがすでに対応しているほか、360度見渡すことのできる動画でVRの没入感を楽しむ「360 channel」、「Ocean Rift」などのVRゲームを楽しむことができます。

価格と購入方法

 

Oculus Goはストレージが32GBと64GBの2種類用意されています。それぞれの価格は税込で32GBが23,800円、64GBが29,800円。

購入方法は、Oculusの公式サイトからのみとなっています。支払方法はクレジットカードまたはPaypalから可能。

Oculus GoはまだVRゴーグルを持っていない人、手軽に楽しみたい人にぴったりのゴーグル。動画を楽しみたい人は32GBモデル、ゲームなどVRの世界を存分に楽しみたいという人は64GBモデルを選ぶと良いでしょう。