レノボが独立型VRを発表!Daydream対応

レノボ・ジャパンは24日、VR端末「Lenovo Mirage Solo」を5月11日に国内向けに発売すると発表しました。

PCとの接続やスマホ装着を必要とせず、完全にVR端末(ゴーグル)のみで仮想空間を楽しめるスタンドアローン型(独立型)として、非常に高い注目を集めています。

Mirage Soloの詳細

 

アメリカ・グーグルが提供しているVRプラットフォーム「Daydream」に対応しているMirage Solo。CPUはSnapdragon835搭載、RAM4GB、ROM64GBのスペック。ジャイロ、加速度、近接センサー、電子コンパスを内蔵しており、ユーザーの動きを認識することが可能になっています。

また、ヘッドマウント全面にあるカメラによって、別途カメラを設置する必要がなくユーザーの位置を把握することができます。

2018年4月24日より予約開始!

 

Mirage Soloは、グーグルが提供する「YouTube」や「Netflix」、「AbemaTV」「dTV VR」などの動画コンテンツが楽しめるほか、グリーの「釣り★スタ」をはじめとする様々なゲームコンテンツにも対応しています。

価格は5万1,200円。発売日は2018年5月11日(木)。公式サイトより予約販売開始しています。

公式サイト