【日刊Vtuber】七色の才能を持つレインボーひかりとは【おはっぴー】

毎日気になるVtuberさんを紹介するコンテンツ『日刊Vtuber』ですが、最近動画を見すぎてやや目が疲れています…

前回でも魔法少女系バーチャルユーチューバーを紹介しましたが、今回もまた魔法少女系Vtuberのご紹介です。

追記:レインボーひかりさん本人から直接画像提供を頂きましたので差し替えを行いました。

魔法少女バーチャルYouTuberレインボーひかりとは

名前 バーチャル魔法少女ひかり
ジャンル 魔法少女系
チャンネル レインボーひかり
Twitter https://twitter.com/niji_hikari

レインボーひかりは7色の髪の毛を持つ虹のくにのお姫様です。

今回は訓練の為に地球へ訪れているらしく、現在の可愛らしい見た目は日本で活動するために変身した姿だそうです。

地球の学校に行くために黒髪の普通の女の子に変身しているそうです。(訂正をしました。)

ということで、変身する前の姿での動画投稿をしてくださっているそうです。

参考:学校へ通うときに変身する姿

普段はごく普通の学生で学校へ通っているみたいです。(※訓練の一つは王子様を見つけることらしい。)

ユキという兄がいて、兄はリスの姿でひかりと共に生活しているようです。

容姿は動画初投稿時は2Dの絵でしたが、成長を重ねて現在の3DCGモデルへ変身することが可能になりました。

投稿と同時に技術力が向上しているので滑らかに動けるようになったり、魔女っ娘→魔法少女へと改名したり成長を感じることができるのもレインボーひかりの良いところですね。

挨拶は「おはっぴー」、口癖は「イヒッ」です。

魔法で何でもできると公言するだけあって他のVtuberよりも多彩なジャンルでの動画を配信しています。(理由は後述)

それ故に動画の流れをぶった切って突然サイケデリックな展開になったりと視聴者を不安定な気持ちにさせますがそれもまた動画の良いスパイスになっています。

 

レインボーひかりプロジェクトと名前の意味

2018年4月1日に重大発表というタイトルで突如レインボーひかりプロジェクトが発表されました。

内容はレインボーひかりは7人で構成されている同人サークルだという告知でした。

7人にはそれぞれ得意分野が下記の通りあります。

  • 3DCG
  • 実写
  • モーションキャプチャー
  • 作曲
  • 動画制作
  • 作画
  • 創作
  • 多言語(英語,フランス語)
  • アプリ開発

7人にはそれぞれ独特の色(得意分野)がありそれを活かして輝く7人(色)という意味を込めてレインボーひかりプロジェクトが誕生したそうです。

皆の力を1つのキャラクターに集めることで魔法のような力を生み出し、流行りのVtuberの形にしたのがレインボーひかりであったのです。

この動画ではレインボーひかりが仮想上(バーチャル)のキャラクターであることを再度認識してもらった上で応援してほしいとユーザーに呼びかけました。

無限の可能性を秘めたバーチャルYouTuber

レインボーひかりの動画が趣向にバラつきがあったり、声が度々違ったのは7人の得意な動画コンテンツが混ざっているからでした。

MMDでのダンスやCG合成、BGMなど多様なジャンルを動画コンテンツとしてレインボーひかり一人に凝縮し、アウトプットできるのは他のVtuberとの差別化になりますよね。(動画投稿スピードも7人なら早そうですし)今後は、キャラクターを概念化して複数人で運営するVtuberも多くなるのではないでしょうか?

 

視聴者維持率90%を達成

最近投稿された動画ではなんと自身も初の平均視聴者維持率90%を達成。

視聴者維持率とは、Youtubeに動画の人気を表す指標の一つでありユーザーが動画を平均どれくらいの人がちゃんと見ているかを表します。

面白くない動画は、途中で見るのをやめませんか?

この視聴者維持率は動画が長く後半になればなるほど下がっていきます。

TVで言う「チャンネルを変える」ようなもので、これが後半まで高いと皆さんが真剣に見ているということになります。

動画を投稿するVtuberやYoutuberはこれを非常に重要視していて、最低ラインが40%とも言われています。

チャンネル登録者数が1000人を超え今後益々目が離せないバーチャル魔法少女ひかりを皆さんで応援していきましょう。