Oculus RiftとTouchに必要なPC環境を解説!

VRゴーグルの先駆けメーカー・Oculusから発売されているOculus Riftは、一般家庭用に発売されているVRゴーグルです。ゲームなどをする場合はTouchというコントーローラーとセットで使用することで、VRの世界にさらにどっぷりと浸かることができます。

特に、Touchの完成度は高く「触れるVR」と呼ばれるほど世界で人気を博しています。しかし、Oculus Riftを使うためには、PCで初期設定をしなければなりません。ということで、ここではOculus Riftで遊ぶために必要なPC環境をお教えします。

セットアップに必要な環境は?

Oculus Riftをセットアップするために必要な環境は以下のとおりです。

推奨スペック

グラフィックカード NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
代替可能なグラフィックカード NVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上
CPU Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ 8GB以上のRAM
ビデオ出力 HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポート USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1
OS  Windows 7 SP1 64ビット以降

最小スペック

グラフィックカード NVIDIA GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 470以上
代替可能なグラフィックカード NVIDIA GTX 960 4GB / AMD Radeon R9 290以上
CPU Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
メモリ 8GB以上のRAM
ビデオ出力 HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポート USB 3.0ポートx1、USB 2.0ポートx2
OS Windows 8.1以降

Riftの機能を最大限利用するには、ぜひ推奨スペック以上はほしいところ。もし自分のPCのスペックが分からない…という方は、Oculusの互換性チェックツールから適しているかどうかを事前に調べておくことも可能です。

注意したいこと
USBポート3.0を搭載を標準で採用しているのでUSB2.0では動作しません。最近のPCであれば特に問題はないかと思いますが、Riftに付属のケーブルを接続できない可能性があるため、しっかりとチェックしておきましょう。

Oculus Riftの世界に浸ろう!

必要なPC環境としては、CPUも最低でCore-i3以上とある程度のスペックが必要となってきます。それほどグラフィックの処理能力などパワーが必要ということですが、その分期待はしてOKな製品。

Oculus Riftのおもしろいところは、オリジナルゲームの種類が豊富なこと。小さな子どもから大人まで楽しめるコンテンツが多くあるため、家族みんなで楽しむことも可能です。

特にそのクオリティも高く、ハマってしまうこと間違いなし!盛り上がっているVRの新たな世界を楽しみましょう。