無料でVRモデルが作れるBlocks by Googleって何!?

GoogleのVRプロジェクトには専用ゴーグル「Daydream」やVR用の写真フォーマット「VR180」がありますが、今回は無料で3DCGモデルを作ることができるBlocks by Googleというソフトウェアの紹介です。

Blocks by Googleとは?

Blocks by GoogleはVR空間で直接3DCGのモデリングをしてしまおう!というデザインソフトです。

使用するにはHTCvive(Pro)Oculus Riftが必要になります。

まるで現実で大工をしているような感覚にもなれるこのツールは現在PCゲームプラットフォームSteamにてダウウンロードが可能です。

参考

ダウンロードはこちらsteam

注意
Blocks by Googleは日本語に対応しておりません。

 

使用した外国人の反応は?

素晴らしいツールです!今は基本的なことしかできないけれどもこれからの大きな可能性に期待しています。

誰でも簡単に3Dモデルが作れる! Googleは本当に使いやすいツールを作りました。objにエクスポートし、Blenderなどでも使用できます。色の種類は少ないですが ツールは非常に簡単ですが。

BlocksはGoogleが作ったVRゲームで、シンプルで楽しいゲームです。 ゲームに関しては説明はないですがそれでも簡単に使用できます。

Googleの他のVRソフトウェアであるTilt Brushとは対照的に、これは使いやすく、モデリングに関する技術や知識は必要はありません。

オブジェクトをGoogleアカウントに保存し、参照画像(実際には複数)を持ち、メニューボタンを押して他の人の作品を読み込むことができます。

 

外国人のレビューには無料でシンプルなVRゲームとしてはクオリティが高いと高評価を得ていました。

チュートリアルがなくても直感的にブロックに手を加えることで体で操作を覚えることが出来るみたいです。

また、出力をすればblender等にも対応できるそうなのでVRchatの世界にも持っていくことが出来るかもしれませんね。

Blocks by Googleにも改良点があるみたい

VR空間で求められるのは美彩なグラフィックです。

Blocks by Googleでは基本的にポリゴンのような凹凸なデザインになってしまいます。

これはVRで細かなグラフィックを表示するためには多大なマシンパワーを要するため、あえて簡素化しているのかもしれません。

ツール自体はVR初心者~中級者のモデリングをしたことがない人を対象としているので他のツールで3DCGを作ったことのある人が使うと物足りないという声もあるみたいです。

あとは使用できるハード追加希望もWindows Mixed Reality などに対応してほしいとの声もあるのでいずれはDaydreamやGear VRなどでも使えるようになるといいですね。