ミライアカリが所属するバーチャルYoutuber事務所「entum(エンタム)」とは

2018年4月9日、アミューズメント事業やインターネットメディア事業を手掛ける株式会社DUOが、Youtuber事務所「entum(エンタム)」の立上げを発表しました。

昨年末から話題のバーチャルユーチューバーを包括する事務所としては初の試みとなる今回の事務所立上げのニュースを通して、DUOってどんな会社?誰が所属してるの?等々調べてみました。

 

話題のバーチャルYoutuber事務所「entum(エンタム)」とは?

 

entum(エンタム)とは株式会社DUOが立ち上げたバーチャルYoutuberの事務所です。

所属しているのはバーチャルYoutuberのみになり、業界に先駆けてコミュニティを形成することで事務所内外のコラボ企画やオリジナル商品開発、ユーチューバーがクライアントとのやりとりを円滑に行えるようにするなどクリエイターが創作活動に専念できる環境を提供するために生まれました。

▶公式ホームページ https://entum.jp/

所属メンバー一覧

バーチャルYoutuber名
チャンネルURL チャンネル登録者数(2018/4現在)

ミライアカリ

https://www.youtube.

com/user/bittranslate

 54万人

ヨメミ

 https://www.youtube.com/

channel/UCy5lOmEQoivK5

XK7QCaRKug

 16万人

猫宮ひなた

 https://www.youtube.com/channel/

UCevD0wKzJFpfIkvHOiQsfLQ

 26万人

届木ウカ

 https://www.youtube.com/channel/

UCk0dNVAdlgn4ynURwAq_z2A

 2.5万人

もちひよこ

 https://www.youtube.com/channel/

UCZ1WJDkMNiZ_QwHnNrVf7Pw

 2.2万人

 

Youtuberが事務所に所属するメリット・デメリット

バーチャルに限らず、ユーチューバーが事務所を設立して活動することは珍しくありません。

日本で最大のユーチューバー事務所はヒカキンさん率いるUUUM(ウーム)ですね。

もちろん事務所として行動することにはメリットとデメリットが存在します。上記の5人は考えた末エンタムへの所属を決定したのでしょう。

事務所所属のメリット

  • 所属内外のユーチューバーとのコラボが円滑に行いやすく、露出が多くなる。
  • 上記の交渉や、企業案件などももらいやすく、自身は制作に専念できる。
  • チャンネルを運営する上での雑処理などを他の所属ユーチューバーの分もまとめてしてくれる。

事務所所属のデメリット

  • 企業参加のユーチューバーとして責任範囲が広がる。
  • 企業なのでより利益追求を目的とした動画が増える可能性がある。
  • ブランディングも事務所内で行う可能性が大きくなるため、自分の作りたい動画が創れない可能性がある。

事務所に入ると安定してお仕事が回ってくる可能性が上がり、余計な雑務を任せることができるので制作者は品質の高いコンテンツを生み出すことが出来ますよね。

しかしながら、今まで個人(またはプロジェクト内)での責任であった範囲が会社を巻き込むことになります。

ミライアカリを応援するファンの中には、事務所に所属することで今までのような動画が作れなくなるのでは?と懸念の声もあります。

昨今ユーチューバーが不祥事を起こすことが多く、動画の再生数の獲得方法に疑問を呈する声も上がっているのでバーチャルユーチューバーには是非ともVRの世界を多くの人に知ってもらえるような動画を作ってほしいですね。

 

entum(エンタム)の運営会社のDUOってどんな会社?

株式会社DUOはインターネットのメディア事業をしている会社です。

事業は二つで一つは会社の柱であるアミューズメント事業です。

これはパチンコ、パチスロの総合プラットフォーム「スロパチステーション」の運営です。

チャンネル登録者数58万人を超えるパチンコ業界では大きいメディアを持つDUOはYoutubeでの事業を得意としています。

もしかしたら、ミライアカリ×パチスロなんてコラボもあるかもしれませんね。

VR事業は始まったばかりだと思うので是非技術の進歩を身近に感じられる動画やイベントを積極的に行っていってほしいですね。