【2018年】動画やアプリで使うVRゴーグルのおすすめの選び方を紹介します。

この記事ではまだVR体験をしたことがない方や、これからVRの世界を楽しみたいけど何が必要なの?

そんなVR初心者におすすめする価格や性能を比較してどんなゴーグルを選べばいいかを紹介していきます。

 

VRゴーグルは自分の使用用途に合わせて購入するべし

皆さんは買い物をするときに何故その商品を選んだのか考えたことはあるでしょうか?

例えば車を購入した時は自分がたくさんの車から何故その車にしたのか理由があるはずです。

それは人ぞれぞれ価格だったり機能・ブランドだったりします。

VRゴーグルもそれと同じで、自分がどんな理由でVRゴーグルを買うのか今一度考え直し、それに見合ったものを買うことで今画面の目の前のアナタが満足のいくVR体験ができることを手助けします。

 

初めてのVRゴーグルでの体験でワクワクしてほしい

VRゴーグルの選び方で変わるのは、コンテンツに対する満足度だと思います。

最高の没入感を重視している方がスマホ用ゴーグルでのVR体験に満足できないように、価格重視の方が高価な製品に手を出す必要もないと思っています。

誰しも一番最初にVR空間を体験したときには思わず「おおーっ」と声をあげたはずです。

やりたいことによってはそれが出来るVRゴーグルとできないVRゴーグルが存在します。

VRの世界を体験するすべてのユーザーに「せっかく買ったのに想像以下だった」なんてことにならないようにしてほしいと思い記事をつくりました。

 

 

価格と性能でゴーグルを選ぶ

VR体験をするにあたって絶対に必要なものが「VRゴーグル」です。

実はゴーグルがなくても裸眼立体視なんてワザがありますがそれはあまりにも非現実的なのでリンクから記事をご参照ください。

まずは価格ですが、ガジェットの中ではかなり価格差が激しいのが特徴で選ぶべきポイントとして重要視すべきだと思います。

 

圧倒的なコスパと手軽なVR体験をするなら間違いなくコレ(1000円~10000円)

私が購入したのは↓コレです。

スマホさえあればメーカー問わず5.5inch画面のiPhone6 Plusも楽に装着することができますよ。

メガネにも対応とありますが大型のメガネは対応していせん。(私はダメでした)

1000円でVR体験なんてしょぼいんだろうと思っている方もいると思いますが侮ってはいけません。

これとスマホさえあればアプリから動画まで一通り楽しめるのですから。

スマホVRアプリのレビューもしてますのでご参考にどうぞ

 

対応機種を持っているならば「Google daydream view」や「サムスン Gear VR」はおすすめ(10000円~20000円)

 

こちらはメーカー製造のスマホVRゴーグルです。

価格図では20,000円前後で表記していますがどちらも15,000円くらいで買えるみたいです。

対応機種が制限されていることと前述した1000円VRゴーグルよりも10倍以上高い価格なので敷居は上がりますが専用設計だけあって使い心地は汎用品とは比べ物になりません。

記載しておきますがお持ちのスマホを確認して購入しましょう。

Gear VR対応機種

Galaxy Note8 / S8 / S8+ / S7 / S7 edge / Note5 / S6 edge+ / S6 / S6 edge

 

Google Daydream Vier 対応機種
Google Pixel XL / ASUS ZenFone AR / HUAWEI Mate 9 Porche Design / HUAWEI Mate 9 Pro / Motorola Moto ZVR / ZTE Axon 7

ここまではスマホを出力画面にして体験するスマホ用VRゴーグルのご紹介でしたが2点注意があります。

  • 対応しているアプリには注意すること
  • iPhoneユーザーはまだ満足するアプリがないかもしれない

動画視聴アプリやゲームアプリによってはスマホ機種でVR機能が制限されている場合もあるので先に確認したほうがいいかもしれません。

iPhoneユーザーにアプリの満足度を警告する理由はこちらの記事に書いてあるのでiPhoneユーザーは是非一度読んでもらいたいです。

 

使い勝手・価格ともにコスパ最強だが、発売前なのでしっかりと吟味したいOculus GO

スマホ用VRの手軽さとPSVRやViveのような本格的な単体VR HMDの役割を備えたのがこのOculus GOです。

価格は公表価格で199$~と2万円台で専用ゴーグルが手に入るのはユーザーにとってうれしい限りです。

しかし、執筆時点ではまだ発売が確定していませんので今後の展開を注視していきたいと思います。

 

VRでゲームをするなら間違いないのはやっぱりPSVR(30000円~40000円)

PSVRは2016年に発売後改良がくわえられ今年3月に価格も改定が行われ35000円前後で最新モデルが手に入ります。

本格VR体験の入口にふさわしい機器で一番の購入ポイントはPlaystation4でのVR対応ソフトはこのPSVRでしか楽しめません。

逆に動画コンテンツ等はPSVRでもある程度見られるのでVRゲームを思いっきり楽しみたいという方は迷わず購入できそうです。

実はちょっといじるとPCでPSVRが使えるようになったり(非推奨)とコストパフォーマンスも抜群。

スマホVRとは一線を画す没入感は仮想現実の未来をワクワクさせてくれること間違いなしです。

Playstation4がないと動作しないのでPlaystationを持っていない方はPlaystation4 Proの購入をオススメします。

PCは持っているけどPS4を持っていない方はもしかしたらPSVRのために機器を一式購入するよりもPC用の高価なVRゴーグルを買ったほうが安くなる可能性がありますね。

また、PSVRのゲームレビューもこちらでしていくのでソフト購入に迷ったらご覧ください。

 

最先端の技術で圧倒的な没入感。最高のVR体験をしたい方はこちら(70000円~)

とにかくVRを体感するなら一番いいものでやりたい。

そんな妥協なきアナタにおすすめなのはViveOculusなどの専用ゴーグルです。

こちらはPCに接続することで対応したアプリケーションでVRを楽しむことが出来ます。

 

VRの出力には大きな負荷がかかりますので接続するPCの性能(スペック)も高価なものが必要になります。

またPCでVRゲームをする際はSteamでのゲームソフト購入がおすすめです

 

ViveProが発売されました! 

 

2016年VRゴーグルで話題になったOculus社のRiftは現在リモコン付きで60000円~となっています。

ゲームをするとなるとHTC Viveのほうが対応ソフトが多いので若干見劣りしますが価格がその分やすいので遊ぶソフト次第になりそうです。

 

Oclus Rift CV1の購入はこちら

 

現在世界的に人気が集まっているVRchatなどでもこちらの機器が使用されています。

HTCViveproでのレビューも行っています。

 

オススメはスマホ用VRゴーグル1000円から!

私はまずは皆さんにスマホからVRを体験してほしいと思います。

VRには高価な機器をめんどくさい設定をして体験するものだと思ってほしくないのです。

スマホほセットしてまずはYoutubeで360°動画を見るところから始めるといいかもしれません。

 

バーチャルリアリティの世界を身近に感じることで興味が湧いたら、高機能な製品に手を出しても遅くはないと思います。

インターネットで情報がやりとり出来るようになって文字や映像を相手の距離に関係なく伝えることが出来るようになった現在。

次は離れていても”同じ空間を共有“するという体験がみなさんを待っていることでしょう。