VR初心者が迷わないスマホ用ゴーグルの選び方

プレイステーションVRを中心にVRゲームが世の中に少しずつ出てきました。

しかし、高価なゴーグルは購入に思いとどまることも多いかと思います。

手軽にVRを体験するならやっぱりスマホで始めるのが一番だと思いますので今回は

初めてのVR体験にはスマホ用VRゴーグルがおすすめ!

迷わない選び方と本格派VRとの違い

を紹介していきたいと思います。

スマホ用ゴーグルのメリット、デメリット。

スマホ用VRゴーグルを実際に購入したら何ができるか気になりませんか?

VRなんだから立体的な映像が見られるのは当たりまえですがやっぱり本格派VRゴーグルとの違いは確認しておきたいところ。

簡単にこれはいいけどこれはダメ。そんなところを挙げていきます。

スマホ用VRゴーグルのメリット

  • 何と言っても安い価格(500円~)
  • スマホだけで完結する。(機器がいらない)
  • ほぼ無線なので移動が楽
  • スマホ専用のアプリが豊富

スマホ用VRゴーグルのデメリット

  • メガネ着用ができない
  • 視野角が狭い(没入感が低い)
  • ゴーグルによっては対応機種がある
  • スマホで見るため、ゲーム等では別途コントローラーが必要

 

結論から言うと、VRを初めて体験した私にとってはデメリットと言えばメガネを着用しての視聴が難しかったことだけです!(決行重要)

快適なVR体験のためにコンタクトを検討してしまうかもしれませんね・・・

しかしながら50,000円を超えるような本格VR機器の1/10以下の値段でVRが手軽に楽しめるのであれば、特段問題がないのでは?と思ったので購入を決定。

以下はレビューになります。

 

VRゴーグルはとりあえず一番安いの買ってみた!

安かろう悪かろうでも当たればラッキー!な精神のもと、楽天で一番安いと思われるVRゴーグルを買いました。

価格は約1000円ほど。

到着したので写真をパシャパシャ。

造りはとってもしっかりできていて通常の使用であればすぐ壊れたりはしないと思います。

そのかわりちょっと重さを感じましたがそれはどのVRゴーグルも一緒だと思っています。

 

3000円以上のスマホゴーグルであってもここらへんの造りも大差ないと思っています。

レンズはもちろん複眼で焦点距離も左右上下に調整可能です。(もちろんアナログ)

ほんのり臭いがしたのは小学校の頃の新品の水中ゴーグルのゴムの臭いでした。

スマホは横から入れるタイプです。

装着ユニットは取り外すことでスマホを外部でセットしてから挿入になります。

iPhone6Plusを使用しましたが、6インチくらいまでのスマホならどの機種でも対応できると思います。

もちろんですがイヤホンなどもこの部分から線がでるので立体音響との相性もばっちり。

スマホ用VR×ASMRアプリ【なごみの耳かき】は現実を変えるか

ホントに耳かきとVRの相性の良さは恐ろしいですね。

 

 

まとめ:スマホ用VRゴーグルは一番安いのでいいんじゃない?

先ほど結論を言った通り、安くても全然OK!なのですが、少しだけダメだったところ

  • デメリット通り、メガネユーザーには厳しい
  • スマホのベゼルが見えたり、没入感は低め

こちらは念頭に置いて購入することである程度ガッカリ感は抑えられます。

以上のことを踏まえても1000円でVRデビュー出来るのであれば学生でも気軽に手が出せる値段だと思うので是非触って見てほしいですね。

これ一台あればYoutubeで動画をみたり、専用アプリでVR空間を楽しんだりできますので最初の一台に選んでも損はなしです!