ビジネスや医療、ゲームに幅広く導入される最新のVR事情とは

 

バーチャルリアリティ(VR)がもたらす体験は、今やゲームにとどまらず様々な分野に応用されています。

今度活躍の期待される業界を少しご紹介いたします。

 

VRゲームの仕組み

最近よく耳にするようになったVRという言葉ですが、このVRというのはバーチャルリアリティ(仮想現実)ともいわれているもので、体験者の体に特定の機器を装着した後で、コンピューターによって合成した音響や映像などの効果によって、3D空間内に体験者の体が投影され、実際にその空間へ没入しているような感覚を味わうことができるものです。

2016年はVR元年といわれ多くの製品が発売されるようになり、私たちにも身近な存在となってきています。
VRゲームの基本は頭部にゴーグルのように装着するヘッドマウントディスプレイを用いて、360度前天球の映像から、体験者が見たい方向を見ることができ、映像を立体視することができます。

より手軽にVRを体験できるのは動画で、VRゴーグルを装着して動画を再生すればその場に動画の出演者がその場にいるかのように、動画を楽しむことができます。
よく360度動画と勘違いしている人もいますが、360度動画はあくまでもビジュアル的な体験だけですが、VR動画は人工的に作り上げた仮想空間を現実として知覚させる技術を体験することができるという違いがあります。
こういったVR動画をより手軽に楽しむためには、VRゴーグルとスマホ、VR動画の3つがあれば楽しむことができます。
VRゴーグルはさまざまな物が販売されていますが、スマホをセットできるタイプのゴーグルが最適で、ゴーグルにスマホをセットすればすぐに体験することができます。

 

ゲームや医療現場で活用されているVR

VRの技術はさまざま分野で活用されていますが、VRゲームやアトラクションなどのほか、医療現場や教育、観光、不動産などの各分野で活用されています。
医療現場では未経験の手術をVR動画によって経験することができ、バーチャルで作られた患者を疑似手術することも可能ですから、医学生のトレーニングにも利用可能となっています。
教育の現場では、立体的な授業を行うことで、生徒たちの理解度や知識の定着度にも大きな効果があると考えられています。

実際に深海や宇宙といった場所には行くことができませんが、VRを活用することで疑似体験や疑似実験を行うことができますし、バーチャルな空間内で生徒同士がグループワークを行うことも可能ですから、複数の生徒で同時に利用することも可能です。

観光では、自宅にいながらさまざまな観光地を訪ねることができ、世界各地の人気観光地から極地まで自分がその場に行ったかのように観光をすることが可能となっています。
不動産業界では、すでにVR技術が導入されています。通常部屋を買ったり借りたりする場合には何軒もの部屋を内見する必要があります。それには時間もかかりますし写真だけではわからない情報も多くあります。こういった時にVRを利用することで部屋の様子を1軒1軒回ることなく確認することができますし、新築を建てる場合にも、モデルルーム代わりに活用することが可能となっています。
このようにさまざまな分野で活用されているVRですが、中でもゲームやアトラクションなどのエンターテインメント業界では幅広く人気があり、VRアトラクションは東京都内を中心としてオープンしています。

VRはゲームだけではなくビジネスで活用が始まっている

2016年はVR元年ともいわれ、一般家庭向けのVRデバイスも発売されました。またVRエンターテインメント施設なども各地に増え、私たちの生活にも少しずつなじみのあるものになりつつあります。
映画の世界でもVR映画と呼ばれるものが登場していますが、VR映画と呼ばれているもののほとんどは360度動画にすぎません。

観客は360度周囲を見渡すことができますし、目の前まで登場人物が迫ってくるという臨場感を味わうことはできますが、360度動画では仮想空間内を自由に動き回ったり、自分の立ち位置を変えることはできません。また空間内の何かにさわったりすることもできませんし、自分の体が空間内に入り込んでいるような自己投射性もありません。

VRはこういった映画やゲームなどのエンターテイメント業界やさまざまな分野で活用されていますが、VRはまだ出たばかりで、技術や公用範囲などは今後まだ進化していくことになります。
今後ますますVRの研究や開発に携わる人材が数多く求められるようになりますから、これから学ぼうと思っているなら高校生なら、バーチャルリアリティを学べる大学などがおすすめです。
基本的に情報科学系の学部や工学系の学部で、VRに関連する研究を行っている研究室があるかどうかをチェックするとよいでしょう。
日本ではまだVRゲームの市場はそれほど大きくはありませんが、もっとも活用されている業界ですから、今後のVRの普及を牽引する分野といえます。